※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

独り一人言

独り一人言を綴っています。

独り一人言

冷たい雨の路地裏 ー 眠れぬ夜

傷だらけで血の止まらぬまま 望んでもいない 冷たい雨の路地裏を歩く人達 濁流の波に理不尽への怒りと 哀... >>
独り一人言

I Wish

移り変わる時の中 忙しさに紛れ 見過ごされ 忘れ去られていく物事よ 切ないぐらい 哀しいぐらい ぼくの... >>
独り一人言

” 今 “

" 今 "だけを観て、" 今 "だけを生きるのが大切なのは、なぜ? それは、過去に囚われ、未來を憂いてばか... >>
2019.04.07
独り一人言

比較しない

誰かの旅は 他人は どんなものか知らない むずかしいこともあるけど 比較しないで 多様性を… ... >>
2019.04.08
独り一人言

そうなんだね、とは返すけれど

ひねくれた顔して、どれだけ多弁に語られろうとも、残念ながら私には何も響いてこないし気持ちは冷めていく。 多弁に逃げ... >>
独り一人言

フラッシュバック ー 放心

ふいに、襲いかかってくるフラッシュバックで、自分でも思いもがけず放心状態になったとしても、焦って無理をして負荷を増やさな... >>
独り一人言

アジュガのパンドラボックス

アジュガの花言葉:「強い結びつき」、「心休まる家庭」 アジュガという花があるのも知らなかったけど、ふと見かけた、こ... >>
独り一人言

出せない不安

自分で自分のことを許して受け止められていないと、他人に埋め合わせてもらおうという気持ちになってしまう。 相手に迎合... >>
独り一人言

生きていられている

静かでおだやかな夜 間接照明の柔らかい光 ちょうどよい気温 猫も隣でスヤスヤ 私はお気に... >>
独り一人言

癒えかけこそ、シルクの布で包み込むように、そっと……。

少しずつ生傷が癒えかけていくような段階になると、少しずつ元気も出てくるでしょう。 しかし、その時はまだ脆かったりす... >>
独り一人言

わたしだから

出来ることと 出来ないことを見極めて 出来ないことや 苦手なことには執着せず 特性が活かしやすいことに ... >>
独り一人言

自分なりの心の整え方の一つ

毎日の拭き掃除、部屋に光を入れて、 新鮮な空気を入れて、マメな洗濯も。 静かな音楽、外見の身ぎれいさも保って、 ひ... >>
独り一人言

いつも傍に居てくれる

目が覚めて、いつも腕の中で寝てくれている愛猫。 起き出して、ご飯を食べてトイレにも行って、 すこしウロウロ散歩もし... >>
独り一人言

狭間の兼ね合い

書きたいこと、溢れ出してくることと、伝える、感じさせることとの狭間、兼ね合いを、どの辺りに取るか。 泥臭さもある生... >>
error:Content is protected !!