※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

不思議ならせん階段

独り一人言

このブログでは「らせん階段」というキーワードで、いくつか記事を書いてきている。

私がイメージしているらせん階段は、必ずしも、絵に描いたらせん階段のようにキレイにぐるぐる伸びているわけではない。

時には、ぐにゃりと歪んでいたり、ラビリンスのように入り組んでいたりする。

不思議絵のように。

それは天井のない、らせん階段。

雨も、風も、雪だって入ってくる、時には滑り落ちることもあるらせん階段。

だけど、一度、登ったところまでは、初めて登った時よりは登りやすい。

哀しみの雨、冷酷の雪、吹き抜けて全てを飛ばしていくかのような暴風。

見上げると真っ白な空。

突き抜けると、まばゆいばかりの光。

その先にあるものをー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
独り一人言
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!