※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

狭間の兼ね合い

独り一人言

書きたいこと、溢れ出してくることと、伝える、感じさせることとの狭間、兼ね合いを、どの辺りに取るか。

泥臭さもある生の声を、どこまで磨いてしまうか。

誰に、どんな人に伝えたいか。

密度を濃くして詰め込むか、詰め込むより解釈を噛み砕いて柔らかくしていくか、読みやすいのも伝わりやすいのも後者。

だが、わかり易さにばかり偏ると、取りこぼしてしまうニュアンスも出てくるので、兼ね合いは書き手次第。 その兼ね合いも書き手のカラーとなっていく。

やがて、書き手のカラーは、書き手自身を形成・定着化させていくことにもなり、行動は動機を強化するとともに、その人自身の血肉にもなっていく。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
独り一人言
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!