※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

(開始)はくうの本棚の一部

本とベッド 読みログ

私は今は、本の虫というほどではありませんが、比較的、昔から読書はするほうで、自宅には天井までの高さの本棚があります。

学生時代は1日3冊など読んだりしていましたが、社会人になってからはなかなかそうも行かず、最近は、実にスローペースです。

惹かれて購入したものの積ん読にしてある書籍も色々とあったり、同時進行で複数の本を、少しずつ読んだりもしています。

紙の本で読むものもあれば、電子書籍で読むものもありますが、特に活字を読んでいるとそそられて何か書きたくなってしまい読むのが止まってしまったりすることが、しばしばです^^;

電子書籍ではAmazonのKindle Unlimited(読み放題サービス)を活用して、活字だけでなくマンガも気の向くまま読んだりしています。

マンガは頭や心が疲れてきた時に、多少でも空っぽに近づけたり気分転換にも良いですし、それぞれのマンガの中でも学べるものも多く感じます。

以下では、それらのうちから全てをリストアップするのは大変なので、個人的に気が向いたものをたまにセレクトして、少しずつ一部だけリストにしていきます。

なお、それぞれに書評を書くことも少し考えてみましたが……。

中途半端なレビューのような書評は、変な先入観の元にもなりかねないので書きたくないと思いました。

私が力を入れて書かなくても既に他所で書評があるものが多いので、気になる方は、そちらを参考にしていただければと思います。

ここでは一部の書籍に、読後感のコメントを少し加えるまでにしておきます。

 

最近、読んだ書籍(の一部)

私も仕事ではクリエイターの端くれのほうにいますので、色々と響くものがありました。また読み返したい書籍です。

 

『刑務所なう。』・『刑務所わず。』

 

『夢をかなえるゾウ』

堀江さんの『刑務所なう』の中の書評シリーズで紹介されていた一つで、ふと私も読んでみたのですが、分かりやすく核心を突いていて、なかなか良かったです。

私はゴルフはしませんが、ゴルフ漫画をサッと眺めるように読むのは好きな方です。この漫画は読み応えもあり、爽やかな気持ちになれました。

AmazonのKindle Unlimited(読み放題サービス)で出ていたので、全巻を読みました。

 読んでいる最中の書籍(の一部)

 

『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

この書籍も様々なレビューが見受けられましたが、私にとっては、とても良い出逢いと感じられた貴重な一冊です。

 

『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』

様々な統計データ(グラフや数字)で根拠を明確にさせた上で分析を行ない、自説を述べているのが印象的です。

 

再読中の書籍(の一部)

 

『嫌われる勇気』

 

積ん読の最中の書籍(の一部)

 

気持ちの状態により積ん読になっているのは、たくさん溜まってきているのですが、そのうち最近、中古本などで仕入れたうちの一部です。

 

『他人を引きずりおろすのに必死な人』↓↓

 

『敵を味方に変える技術』

 

 『ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人』

 

『「過剰反応」社会の悪夢』

 

『正しさをゴリ押しする人』

 

『イノセント・ディズ』

 

『今日は、死ぬにはいい日だ。』

 

まだまだあるのですが、長くなるので別の機会に別記事に分けます^^

もっと早くから、コツコツ読みログとして始めておけば良かったかな、とも、自分の中では思ったりしました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
読みログ
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!