※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

Twitterを見ていて、思ったこと。

もや

Twitterって、案外、面白い

 

私は、先日の以下の記事でも触れたように、今までTwitterをじっくり見るということは、ほとんどしてきませんでした。

『批判的思考』というものについて
Twitterを見ていて「批判って、なんだろう?」と思ったことから『批判的思考』についてメモ的? 備忘録的に? 記してみました。引用元のリンク先も、しっかり読み込んでいただければ「批判と非難はチガウ」ということが、明確にわかるかと思います。

そりゃ、Twitterを全く見たことも使ったこともないというわけではありませんでしたが、まともに見ることが滅多になかったという意味です。

 

先月の10月に、はくう(白空)としてのTwitterアカウントを創ってから、最初はなんとなく、それとなく眺めていたTwitter。

そこで、なかなか言葉にならないかのような心の声が、Twitter上で様々、言語化されているのを見かけるにつれて、段々とマメに観るようになって一ヶ月ほどが経ちました。

改めて感じたのが、Twitterって、案外、面白いということでした。

ここで「面白い」と書いたのは価値があると感じたということで、リツイートやバズ狙いのおもしろ画像、それはそれで面白いですが、少し違う意味です。

ですが、それと同時に、誰かに対する非難・罵倒のツイートも想像以上に多く、少しビックリしましたが、しまいには目も当てられないほどだな、と感じることもあります。

愚痴りたいだけなら何とも思いませんし、「話すことは離すこと」とも言いますので、その効果を狙ってなら良いのかな、とも思いますが、それを他者攻撃に転嫁しすぎるとコワイものもあります。

これが、私の知人などがTwitterをしない理由なのかもしれませんし、物事の両局面ですね。

それと後述で少し触れますが、「批判」は必要な時もあると考えられますが「批判」と「非難」は違うんですよね。さらには「罵倒」なんてものは、もう論外だと私は思うのです。

そこで、ふと思ってツイートしました。

 

Twitterを見ていて、思ったこと。

 

他にも、誰かへの非難や罵倒に対する違和感や嫌悪感から拙ツイートしたものはありますが、あれもこれもになってしまいますので、ここでは控えます。

もし、もし、ご興味がありましたら、私のTwitterアカウントを覗いていただければ幸いです。

 

希望も、キレイも、泥臭さも、汚さも含めて、人の心

 

Twitterには匿名性がありますから、心の闇が出しやすい場とも言えるのかもしれません。

参考や、気付き・学びになるものもあれば、中には、すごくモヤッと感を感じさせられたり、ザラザラ感を感じるものもあります。

もし、それらにムキになって噛み付いたりなどしようものなら、とっても面倒くさそうだなぁ、余計、ザラザラが粘着することになりそうだなぁ、と思って、私はそこまでは手を出していません。

私は、そんなことを望んでいませんし、わざわざ巻き込まれたくもありません。

例え、リプするにしても肯定的にコメント出来るツイートに対してのみ、ほんの少しだけしている程度に留めています。

 

観るほどに様々な構図が見て取れますが、その多岐にわたるものを回答を示すかのように分析して、分かりやすく示すことが、この記事の狙いではありません。

ただ、全ては人の心から発せられますから、これもまた、バーチャルとは言え、人の心のリアルなんだな、と思いました。

逆に、リアルではなかなか出てこない人の心なのだとも感じます。

希望も、キレイも、泥臭さも、汚さも含めて、人の心です。

そこから出てくるインスピレーションのようなものを大事にしたいな、と思います。

様々なツイートを眺めながら、参考にしたり、反面教師も含めて自分を見直してみたり、そこから自分なら何を発せられるのかな、と、未熟ながらでも考えてみたいです。

泥臭さの中から昇華して輝くものが、私は好きですし目指したいなぁと思ったりします。

 

誰もが特別で、特別ではない、一人の人間として。

~ それっぽい言葉で?締めてみました^^

 

 

オマケ

 

以下の動画は、なんとなくのオマケです。

フリー素材で見かけました。Twitterのアイコンがふわぁと舞います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
もや
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、大阪で静かに暮らしております^^
40代・男性・バツイチ独身、本職は自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!