※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

昔の話だけどね

独り一人言

ふと思い出してしまった。

 

一緒に暮らしていた相手に、8ヶ月余り、殴る蹴るをされていたことがある。

私に対してしてくるだけなら、私はまだ防御するだけで耐えていた。

だが、ある時、酔いの勢いなのか、愛猫まで痛めつけられそうになった。

初めて、私は反撃した。

予想外の私の反撃に、相手はひっくり返って、後頭部を強くぶつけた。

 

その後、私は、ありえないぐらい理不尽に悪者にされた。

最初は理不尽だと思っていても、複数人で組んで連日、責められ続けると、

本当にそう思えてきてしまうから、同調圧力というのは怖いものだ。

当時は「同調圧力」という言葉や概念すら知らなかった。

 

ー 昔の話。もう現実には関わりのない過去。

 

忘れていても、ふいにフラッシュバックして、全身を怒りと恐怖が包み込むときがある。

こんな時は、脳みそが震えるような感じで、息も少し苦しくなり、動悸も感じる。

じっと過ぎ去るのを待つ。

 

(一休さんではないけれど)

慌てない。

慌てない。

 

ただ、過ぎ去るのを待つ。囚われの増幅にハマらない。

その場で、すぐに痛みを解消できると思わない。

痛みを知る前の自分に戻れる、戻りたいとも、フラットに期待しない。

期待は執着を生むから。

執着している限り、得られない。 逆もまた真なり。

呼吸を見つめて、明るい窓を見て、やり過ごす。

執着から離れた先にある安息。

泥と水。

何度も、丹念に漉していけば、段々と澄んだ水になっていく。

 

だからといって、澄んだ水ばかりではなく、汚い感情も出てくる。

だって、にんげんだもの、と思ってしまう。

だからといって「街が汚いから」、「世間がこうだから」、「政治が」、「国が」……。

何かのせいにしようと思えば、その影響の元は、いくらでも付けられるだろう。

だけど、そうじゃないんだよなぁ……。

キレイごとじゃなくってさ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
独り一人言
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!