※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

じっと佇み、愛猫を抱きしめながら、思い浮かんできたもの

つぶやき

 

色々あるけど、私がどんなに失望感や絶望に囚われて、

闇に行きそうになっても、ひとり泣いていても、

希死念慮にとらわれ続けていた時も、

じっと、じっと、横で一緒にいてくれた。

心配そうに見つめていてくれた。

今は穏やかな日々だけど、いつでも至近距離で居てくれている。

この子とは、誰よりも一緒に色んな時を過ごしてきた。

これからも、ずっと一緒に居てな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
つぶやき
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、大阪で静かに暮らしております^^
40代・男性・バツイチ独身、本職は自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!