※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

囚われる・・・

もや

どうしても許せないんだ

Kさんは、毎日、どうしても、憎い想いに囚われてしまいます。

頭で思わないようにしようと、チャンネルを合わせないようにしようとしても、それは一時的には出来たとしても、ふっと湧き出てしまう辛い思い。

街を歩いていても、家に居ても、目にしたり耳にしたりするものから、ふっと、予期せず思い出してしまう過去のシーン。

そこから連想してしまう様々な事柄が、頭の中を駆け巡り、胸を強く締め付けて煮えたぎるように出てくる、どす黒いもの・・・。

 

許せない、許せない、許せない・・・。

本当だったら、こんな今にはなっていなかったはずなのに、あんな扱いを受けるなんて。

あんな裏切られ方をするなんて・・・。

度々、訪れるそんな時。

 

どす黒いものから行動しても、何も生み出せないのは痛感してきているKさんは、じっと堪えるしかできません。

どうすれば解放されるのか、楽になれるのか、答えは出ていません。

新しい恋をしたら?というだけでもないと、Kさんは感じています。

 

自分が、より自分らしく生きることを体現すること、その先にしか答えはないような気がしています。

いえ、気がしているというより、身体の奥のほうで確信しているようです。

それが、気の長い道のりを哀しみを伴いながら歩くことであったとしても・・・。

だからといって、まだ全身全霊でその道を歩みきるパワーが出てこなくて、痛みに押しつぶされないようにしようとして、放心状態のようになってしまう時もあります。

部屋をキレイにして、植物を育てたり、可愛い愛猫と遊んだり、穏やかな時間の中だからといって、辛さがないわけではありません。

 

辛い時、Kさんは空を見ます。

明るい空の時もあれば、どんよりと曇った空の時もあります。
雨降りや台風の時もありますし、時間が経てば暗い夜にもなります。

 

闇と光。

どうか光に向かっていけますように、と願いながら、笑顔と光の中にあった失われた日々が悔やまれてならない。

痛いほどの哀しみが全身を覆ってしまいます。

どうか、自分らしく生きていけますように、その先で新しい光がつかめますように・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
もや
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!