※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

空飛ぶエレベーターと、リアル猫

独り一人言

そういえば、以前にしばしば見ていた、空を飛ぶエレベーターに閉じ込められる夢。

最近は見なくなっている。もう2年以上は見ていないのかな。

 

普通のエレベーターだと思って乗ったら、突き抜けて、空中線路をどこまでも走り出すエレベーター。

しまいに空中線路がなくても、ビュンビュンと飛んでいく。

目まぐるしく移り変わる景色をガラスの壁から見ながら、その勢いに抜けるに抜けられない。

車も建物も、人々も遠くに小さく観える。あぁ、望んでもいないのに離れていく街並み……。

 

まるで、何かの外的意思があるかのように、曲芸サーカスばりに飛び続けるエレベーター。

もはやエレベーターですらない、空飛ぶ無機質なボックスの中に閉じ込められて、どこに向かっていくのか分からない。

抜け出て戻ることも出来ないまま時間はどんどん経って、元々、私が行きたかった用事には、もう間に合わない。

なぜ、私だけがこんな目に遭うのか分からないまま、何も出来ずに身を任せるしかない状態。

パニックになってもしょうがないと自分を抑えるけれど、とてもじゃないが、冷静なんかでいられず内心は倒錯するばかり。

 

そんな、曲芸のように舞い飛ぶ、元エレベーターの不思議な箱の中で身動きできず、激しく移り変わる景色をビビりながら見るばかりの夢。

または、乗って少し経つと縮んで、身動きが出来なくなるエレベーターのパターンもあった。

 

その夢を見たときは、毎回、夢に起こされて、しばらく、為す術もなく呆然とするかのようになっていた。

そんな時も、傍にいてくれる愛猫のぬくもりに助けられていた。

猫ウェイト、大きいなと、我ながら思う(笑)

考えたくはないけど、いつかペットロスにならないように、心の準備もしておかないと。

そんな時は心から来てほしくないけど、例え、その時が来てもお別れとは思わない。

虹の橋から、パパを観ながら待っててな。

きみとの一瞬一瞬が、昔も今も、これからもパパには宝物だよ。

 

こうして表現できていくようになって、心の回復のプロセスを少しずつ歩めるようになったのも、きみが居てくれているから。

辛いときほど、すぐ傍でじっと一緒に居てくれて、堕ちるときのブレーキになってくれていた。

人は、自分のためにだけだと頑張りきれないし、人のためにだけでも頑張りきれないけど、この子を守らないと、何度も、そう思わせてくれたのが、私が堕ち切るのを防いでくれていた。

 

きみは、私にとっての光なんだよ。

大切な、大切な。

一緒に居てくれる今も、虹の橋でのいつかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
独り一人言
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!