※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

ドロノート

いろいろ

全く見せられたものではないドロドロしたものを書いてきた秘密のノート。

名付けたことはなかったが、名付けるならドロノート?(笑)

この二年余りで、たくさん書いてきた。ま、書かざるを得なかった。

悔恨も、愛着も、執着も、怒りも、哀しみも、書くことによって、少しずつ少しずつでも整理されていく。

誰に理解をもとめるというものでもない、自分のために書き続けるというもの。

セルフ傾聴のように使ってきた、誰に見せるというのでもない内緒のノート。

書き続けて、ある程度でも書き切って行った先。

少しさっぱりするというか、解放感があったり、客観視が進んでいたりする。

そうすると、自分の内から、また次の課題が視えてくる。

その度に、ちょっとずつ成長していってるかのような感覚。

日常に溺れるばかりで、成長が蔑ろにされているよりは、ずっと気持ちいいと思う。

その先で何か表に出すものをこうして書いていたとしても、崇高ぶったり、表現技法に走ったものなんか書こうとは思わない。

願わくば、自分の中にあるであろう、偏見や偏執が昇華されていきますようにと願いを込めて書いている。

独り善がりを越えて、もし、何かを感じてもらえたり、もし、何か些少でも伝えられるものがあれば、それはそれで御の字。

人に認めてもらおうなどと思ったり躍起になるより、奥深くで、自分で自分のことが認められているかどうか。

人の気持ちは、人のもの。あなたはあなた、私は私。

そもそも他人の評価など、移ろいやすいものなのだから、それらに右往左往するのは依存でしかないのではないだろうか、とも思ったり。

 

ー 捨てると入ってくる。

 

執着を捨てて歩き続けた先で、望んでいた以上のものが得られるというのは「執着を捨てた先」。

それは”「執着を捨てた」と思い込んでいる”ということとは違う。

そんなに簡単に出来ることではない。頭の先っぽで考えて出来ることではないね。

清らかに、穏やかにありたいと願うけれど近づけるかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
いろいろ
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!