※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

いつでも どこかであるけれど

独り一人言

何の人間関係もないところにすら、少しでもマウンティングを取ろうとする哀愁。

何も変える動きをしていない人が、している人を揶揄したり、小馬鹿にしたり、静観してるなどとの上から目線で、わざわざ言ってくる言葉。

静観してくれなくて結構なんだけど、こういった姿って、いつでもどこかであるけれど、何なんやろうね。

なりたい自分になろうと向かうことをしていないと、他人のことが揶揄したくなるという逆効果の構図はなくならないねぇ。

 

自分を生きようとすると、苦しいが楽しいになる。

そこから逃げていると楽しいが、苦しいになっていくんだろうね。

重箱の隅より、明るいほうを向こうよ。

天気の良い日に、空を見ようよ。

手をかざして、太陽を見てみようよ。

部屋の掃除や整理整頓もしようよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
独り一人言つぶやき
はくうをフォローする
○ この記事を書いた人
はくう

優しい性格の愛猫と、本と植物があちこちにある部屋で静かに暮らしております^^

大阪在住の40代・男性・バツイチ独身、本職は1999年より自営業(会社)です。
このブログは仕事は別の、私的な個人ブログです。

結構、キレイ好きですが、潔癖症というほどではありません^^;
「書く文章と、話ししている雰囲気が違う」と言われることがあります。
文章の雰囲気では、堅い?と思われやすい?みたいですね。

書きかけの自己紹介ページはコチラです。

はくうをフォローする
はくう(白空)

コメント

error:Content is protected !!