※ 当・拙ブログは、こんなんでも著作物です^^ 著作権の遵守をお願いいたします。(詳しくはコチラ)

つぶやき

Belief to my daughter

真実は薄汚れていく 嘘と欺瞞に覆われて 知らないところで 関与できないところで それでも... >>
もや

かさつき

昔、肌を重ねた若い女性が言っていた。 「私は、父親と会ったことがないし、会いたいとも思わない」、「どんな人... >>
独り言

抑えようとしたのだけど …… ごめんね

あの子に会える夢を見た。 私の血を半分、受け継いでくれた娘。 髪の毛が女の子らしく伸びていた。 ... >>
つぶやき

ゆく河の流れは絶えずして……か

時は 移り 移り 変わっていく 人の意識も 移り 移り 変わっていく 何ひとつ 一つどころに 留まっているも... >>
もや

悔い

自営の時間を工夫して、主夫のように毎日、疲れ果てても動いていた。 家事も、育児も、私のほうが出来た。娘も、私のほう... >>
2018.12.03
つぶやき

パンドラの箱の底

3年余り付き合って結婚した、 私の元妻だった人も、私も、 どこかで「結婚」とか「家庭を持つ」などに 囚... >>
独り言

少しずつ、歩き出せる。

いつか、もし、きみがきみの目で見てみようと思ってくれるなら、 その時に、もし、欠片の一つでも届くのなら、 無いかも... >>
もや

『「ぼくだけがいない」状態ということ』に寄せて

上記で書いた『「ぼくだけがいない」状態ということ』は、自らの経験を元に叙情的に表せられないかな、... >>
2018.11.27
もや

どんな意味があったんだろう。

どんな意味があったんだろう。 そこから、何が見い出せるのだろう。 そこから、何を、どんなふうに伝えられるのだ... >>
2018.11.27
error:Content is protected !!